仕事探しをするための方法はさまざまです。各方法の詳細を理解しておけば、より自分にマッチする仕事を探しやすいはず。ここでは、仕事探しの方法別にメリットやデメリット、利用する際のポイントなどを紹介します。

求人サイトを利用した仕事探し

WEB上にある求人サイトに掲載されている求人から自分が希望する仕事を探す方法です。仕事探しの方法として一般的なもので、多くの就・転職希望者が利用しています。効果的に活用するにはどのような点を意識すれば良いのか、詳しく見ていきましょう。

求人サイトのメリット

求人サイトでは数多くの求人を扱っています。サイトによって扱っている求人の数はまちまちですが、数百件から数千件の求人を取り扱っていることも珍しくありません。自分一人でこれだけの求人を探そうと思ったら…

求人サイトのデメリット

求人サイトを利用して仕事探しをする場合には、都合が良い時間に希望の職種の求人情報をチェックできるものの、給料や福利厚生の面で魅力がある人気企業の求人に応募が殺到しやすいというデメリットがあります。…

求人サイトを利用する際のポイント

莫大な数の求人情報にアクセスできる求人サイト。利用する際は、スカウト機能を活用することがポイントになります。スカウト機能とは求人情報が非公開になっていても、企業が希望する条件を満たしていればスカウ…

求人情報誌を利用した仕事探し

紙媒体で発行されている求人情報誌を使って仕事探しをする方も多く見られます。コンビニやスーパーなどに備え付けられていることもあり、目にする機会も多いでしょう。ここでは、求人情報誌を利用した仕事探しについて詳しく紹介します。

求人情報誌のメリット

求人情報誌と言えば、かつては有料の雑誌が主流でしたが、最近はフリーペーパーも多くなってきました。しかし求人情報誌全体としての利用率は、インターネットの普及以降は減少傾向にあるようです。これは仕事探…

求人情報誌のデメリット

求人情報誌に掲載されている求人は、一定の信頼性が必ず期待できるという訳ではありません。求人情報誌における求人は掲載するために金銭を支払うため、人材の獲得に力を注いでいて熱心な企業の可能性が高いと言…

求人情報誌を利用する際のポイント

地域限定の求人誌を選ぶ

仕事探しはインターネットと紙媒体の2つの選択肢が用意されています。従来の紙媒体、所謂求人情報誌を利用して仕事を探す場合に注意しなくてはいけないのが対象エリアです。紙媒体は特定の地域だけを対象とした物もあれば、幅広いエリアの求人を掲載している全国対応の情報誌もあります。インターネットであれば検索ワードに希望条件を入力することで瞬時に絞り込みができますが、紙媒体は自分で行わなければいけません。通勤時間の問題で候補に含めない離れた地域の求人が多ければそれだけチェックする作業が増えて絞り込みに無駄な時間が掛かってしまいます。紙媒体で仕事を探す時は希望するエリアだけに限定された情報誌を選択することが基本です。

無料と有料の2種類を使い分ける

紙媒体の求人情報誌は大きく無料版と有料版の2種類に分けられます。コンビニやスーパーの店頭に置かれている無料版は文字通り費用を掛けずに仕事探しができるのがメリットです。ただし、有料版に比べて掲載されている求人数が限られている上に専門の資格を必要とする業種は取り扱っていないこともあります。有料版は費用を支払って購入するだけあって業種に関係なく求人数が多めです。とはいえ、お金を払って有料版を購入したからといって必ずしも希望する会社が見つかるとは限りません。逆に掲載数が限られている無料版でも希望の条件で働ける会社が見つかることはあります。求人情報誌で仕事探しをする時は、最初に無料版に目を通して見つからなければ有料版を購入する形が基本です。