インターネットの普及した現在も需要のある求人情報誌

求人情報誌と言えば、かつては有料の雑誌が主流でしたが、最近はフリーペーパーも多くなってきました。しかし求人情報誌全体としての利用率は、インターネットの普及以降は減少傾向にあるようです。これは仕事探しに転職サイトなどを活用する人が増えたからでしょう。確かに転職サイトには一度の多くの情報を配信できるといった強みがあります。しかもネットでなら全国各地の求人情報を取得できたり、画像や動画配信を通じて会社の雰囲気まで分かるでしょう。

これに対し紙媒体の求人情報誌は、掲載できる情報量が限られる上、情報の更新のスピードが遅いといったデメリットがあります。にも拘らず、現在も一定の需要があるのは、求人情報誌ならではのメリットがあるからです。

見やすくて地元の求人情報を得やすい紙媒体

求人情報誌のメリットとして、地域に特化した求人広告が多く、地元での職探しがしやすい点が挙げられます。また紙媒体は一覧しやすく、複数の求人広告を楽に比較できるという特徴もあります。全体像を把握しやすい分、転職サイトと比べ情報を見落としが低いと言われているのです。

更に求人情報誌には、業務内容や雇用条件を色分けするなどして見やすく工夫した広告が多く、ハローワークの求人票よりも使いやすいと言われます。手軽に入手できる点もメリットかもしれません。無料の求人誌なら駅など目の付きやすい場所に置いてあるし、有料であってもコンビニや書店に行けば、100円程度の低価格で購入できるでしょう。紙媒体なら、ネット環境のない場所でも閲覧可能です。

ワールドインテックの派遣は求人数が多く、1か月に300人の動員実績があります。紹介予定派遣サービスも行っており、将来的に直接雇用を希望する人にもおすすめです。